もし、あなたが上記の2つの条件を満たすなら、圧倒的スケールのトレーダーを目指すことは夢ではありません。

もちろん、あなたがサラリーマンでも主婦でも、年金暮らしのご年配者でも関係ありません。

SDS(Super Dealing School)では、私の現場経験から得たトレード技術を全部あなたにお教えしますので、

それを修得し、ぜひ、FXトレードの高みを目指していただければと思います。

 

 

あなたは、プロの為替ディーラーがどうやって利益を出して

いるのかご存知ですか?

相場歴34年、大手証券会社でプロップディーラーを勤めて

きた私が、当サイトでその手法を完全公開します。

もし、あなたが自分のトレードに限界を感じているとすれば

当サイトはあなたにとって大きなヒントになるでしょう。

自称プロトレーダーが推奨しているような小手先だけの技術

ではなく、FXトレードを本職にするための極太ノウハウ

今からお伝え致します。

 

 

 

もし、あなたが上記のようなことで悩んでいるのだとしたら、
当スクールはきっとあなたのお役に立つでしょう。


なぜなら、これらの問題を根本から解決する方法をお教えするからです。

 

世の中には、様々な投資教材、ツール、セミナー、スクールがありますが、

その多くは“体裁の整った上辺だけの手法”を教えるもので、

あなた自身のトレード能力そのものを引き上げるものではありません。

 

そのため、教科書に載っていないようなことが起こると、

たちまちパニックになり、冷静な判断ができなくなってしまいます。

 

相場なんていうものは、いつ何が起こっても不思議ではありませんから、

どんなことが起こっても普通に対応できるトレード能力を身につけておかねばなりません。

 

事実、こういった能力はプロと呼ばれている人(トレードを生業としている人)は全員持っています。

つまり、これはトレードで勝ち続けるための絶対条件なのです。

 

ところが、多くの人は“有効なトレード手法さえあれば勝てる”と勘違いしています。

 

確かに、一時的にならそういうやり方でも勝てるかもしれません。
しかし、それで何年、何十年と勝ち続けるのは無理です。

 

私はもう30年以上、この世界に携わっていますが、
私が国内、海外の大手証券会社でプロップディーラーとして結果を出し続けられたのは、

相場で生き残るための術というか、その本質を知っていたからです。

 

特別、難しいことではありません。
あなたが知っておくべきことは、次のことです。

 

それは・・・

 

 

ということです。

 

ちょっとピンと来ない人も多いかも知れませんが、たいへん重要なことですので

まずは、このことから詳しくお話していきましょう。

 

 

当サイトで言うプロとは金融機関などの機関投資家のことを言います。


多くの人が想像するであろうプロは、自宅マンションに何枚もモニターを並べて、

個人で取引している人をイメージするでしょうが、

他人様のお金を預かって利益を還元するのが本当のプロの仕事です。

 

マーケットではそのプロとアマが入り混じって、切った張ったを繰り返しています。
FXトレードは相手が見えないので、普段あまり気にしていないかもしれませんが、

あなたはとんでもない世界で勝負しているのです。

 

たとえば、不動産でも、ファンドバブルの最終局面ではババ抜きになることがあります。

具体的にはファンドが吐き出したババを誰が引くか、すなわち、誰が高値で掴まされるかという戦いになります。

 

こうなれば力の弱い個人投資家はまず勝てません。

 

勘違いしている人が意外に多いのですが、為替のマーケットも同じです。
為替だけは綺麗だなんて思っているなら、それは大間違いです。

 

もし、あなたが「いつも自分がエントリーした方向と逆に動く」と感じているならば、

あなたは知らぬ間にカモにされています。

 

つまり、ババを引かされているということです。

 

このような言い方をすると嫌な気分になる方も多いでしょうが、
今後あなたがプロたちの餌食にならないように敢えて言います。

 

 

相手は両手に武器を持ち自分の命を賭けて勝負に挑んでいます。

そんな相手に丸腰で勝てれば、いかにも日本人好みの美学でカッコイイと思うでしょうが、

現実はそんなに甘くありません。

 

あっという間に再起不能にされ、相場から退場させられます。

 

では、どうすればこの厳しい世界で勝ち残ることができるのでしょうか?

 

答えは簡単です。


プロと戦うのではなく、あなたもアマチュアたちを相手にすればよいのです。

 

 

相手の見えない相場の世界で、どうやってアマチュアたちを相手にするの?
と不思議に思った方もいるでしょうが、難しく考える必要はありません。

 

あなたもプロと同じタイミングで、同じように仕掛ければいいのです。

 

プロはアマチュアを狙ってトレードしているのですから、それと同じようにトレードすれば、
当然、あなたもアマチュアたちをターゲットにしたトレードをしていることになります。

 

とすれば、あなたがカモになることはありません。

 

先ほど、トレードの切った張ったを「ババ抜き」に例えてご説明しましたが、

もし、あなたが大きな含み損を抱えてしまっているとしたら、それはババを引かされたということであり、

プロの餌食になってしまったということです。

 

「いや、ただ運が悪かっただけさ…」

 

そう思いたい人も多いでしょう。


人間誰しも騙された、カモられたとは思いたくないですから、気持ちはよくわかります。

 

しかし、それで利益を出している人がいるということを理解しなければなりません。

これはあなたが勝ち組に移行するために、絶対に目を背けてはならない現実です。

 

FXは参加者の95%が負けていると言われています。
従って、残りの5%がいわゆる“勝ち組”ですが、
その全員が常に勝っているのかというと、答えはNOです。

 

この5%の勝ち組のうち、常に勝ち続けている人(常勝トレーダー)は1%もいません。
つまり、4%の人はたまたま運良く勝てただけです。

 

これがどういう意味かわかりますか?


たった1%の人間に利益を独占されているということです。

 

そもそもおかしいと思いませんか?
FXは上がる下がるを予測するマネーゲームです。


選択肢は2択、スプレッドを考慮しなければ勝率は50%です。

それならば勝ち組と負け組の割合は1:1(50%ずつ)になるのが妥当ではないでしょうか。

 

ところが、現実は違います。
ホンの一部の勝ち組と多数の負け組という構成になっています。

 

何かがおかしいと思いませんか?

あなたが負けたのは本当に運が悪かったからでしょうか?

 

もしかしたら、ここまでの話で
「そんなに厳しい世界ならFXなんてやらないほうがいいんじゃないか?」
と思った方もいるでしょうが、確かにそれも選択肢の1つだと思います。


負けるとわかっていて無理にFXをやる必要はありませんから・・・

 

ただ、その選択肢を選ぶ前に、当サイトを最後まで読んでみてください。
FXをやめるのは、それからでも遅くはありません。

 

先程も述べましたが、あなたもプロと同じタイミングで仕掛けることができれば同じ結果が得られるはずです。

 

そして、これはFX初心者であっても、毎日忙しいサラリーマンや主婦であっても、

資金が少ない人でも、ノウハウさえ覚えれば出来ることです。

 

今からその方法を詳しくお話していきます。

 

 

申し遅れました。
私はSDS(Super Dealing School)の宮﨑正と申します。

 

相場歴は34年。昨年まで某証券会社のプロップディーラーをやっていました。

 

プロップディーラーとは、銀行もしくは証券会社から一定の取引枠を与えられ、

自己裁量で利益を追求する職務です。

 

簡単に言うと自分の相場判断に基づいて為替の売買を行い、

会社のために為替差益を稼ぐ仕事です。

 

たとえば、営業マンは仕事を取ることで会社に利益を与えますが、

私の場合はトレードで利益を出すことで会社に利益を与えます。

 

仕事が取れない営業マンが簡単にクビになるように、
トレードで利益が出せないディーラーは、すぐにクビになります。

 

そんな仕事を長年やってきたということから、私の実力に関してはある程度お察しいただけるのではないかと思います。

 

ここで詳しく自己紹介をしたいところではありますが、年齢が年齢だけに話がとても長くなってしまいます・・・

そこで、簡単に経歴のみを掲載しておきます。

 

 

1979年:Martin Brokers Japan LTD(旧株式会社コバヤシ-外国為替仲介人業)。

    SPOTドル円セクションにて数行の外資系銀行を担当。
1984年:米国市場視察及びトレーニーとしてニューヨークのGarvin Guybutler NYへ。
1990年:Martin Brokers Japan LTDにてフォワード円セクションシニアマネージャー。

    CITI BANK、住友銀行、三井銀行、住友信託銀行など数行の大手顧客を担当し、シンガポール、ロンドンと

    の折衝役であるリンクマンを兼任。
1994年:Martin Brokers Japan LTDにて外為為替部部長。
1997年:ヘッドハンティングを受け、Cantor Fitzgerald LLC(現BGC証券会社東京支店)。

    外為為替部部長、バイスプレジデント。
2001年:ひまわり証券株式会社。バイスプレジデント。FX DealerとしてCITI BANK、ゴールドマンサックス、

    バークレイ銀行、RBS銀行などクライアントとのリレーション強化を構築。LDN・NY時間を中心に

    若手スタッフの指導。
2012年:豊証券会社。デーリング部。外為ディーラーとして今までのキャリアをもとに環境整備、

    若手スタッフの育成およびプロップディーリング業務。
2013年:トレーダー育成を専門としたSDS(Super Dealing School)を立ち上げ、現在に至る。

 

 

このように私は長年、外為取引業務に携わってきました。


そんな私が、人生の最後にやり遂げたいことが、世界と戦える日本人トレーダーを数多く排出することです。

 

残念ながら投資後進国の日本には、一般の方がトレードをきちんと学べる環境がありません。

 

インターネットで検索しても、書店に行っても、

簡単に手に入るものはトレードの上っ面だけをなぞったものばかりで、

本当の意味でリアルなものは皆無に等しいと言えます。

 

そんな現状を知り、生意気ながらも「私なら出来るかもしれない」と思ったのですが、

会社に属してディーリング業務をおこなっていると、
なかなか自由に動くことができません。

 

いろいろな制約がある中で、会社と無関係な人様にトレードを教えることなんてもってのほかです。

 

だから、私は人生の最後にその立場を捨て、

このSDS(Super Dealing School)を立ち上げました。
私に残された時間は決して多くはないからです。

 

最近、東進ハイスクールの林先生が流行っていますが、
本当に「いつやるの?今でしょ!」って感じです。


私も、もうこんな年齢になってしまいましたから・・・

 

もちろん、老後の趣味としてこのスクールを立ち上げたわけではありません。
すべては、私の経験を若い世代のトレーダーに役立ててもらうためです。

 

もっとも、私は会社に属していたときから、多くの外為ディーラーを育ててきました。

その中には、すでに業界の最先端で活躍している人もたくさんいます。

 

たとえば、トレードタイムの平野朋之氏。


彼は現在、自己売買はもちろんのこと、大手証券会社へ情報発信をおこなったり、セミナー講師を担当するなど、

その才能を存分に発揮しています。

また、Yahoo!ファイナンスの「投資の達人」ではその予想が多くのトレーダーから支持されています。

 

そんな彼からメッセージが届いていますのでご覧下さい。

 

 

大口プレーヤーがどの様にしてトレードに臨んでくるのか?
  • 今まで色々な手法を試してきたものの、思惑通りの結果が伴っていない方は必見の内容です。
  •  
  • このDVDをご覧になると、
  • シンプルな方法でも宮崎さんの様に利益を積み上げることが可能
  • なることが理解できる内容となっています。
  •  
  • FXトレードも基礎が大切です。
  •  
  • 例えば・・・、
  •  
  • ・大口プレーヤーがどの様にしてトレードに臨んでくるのか?
  • ・宮崎さんが行っているトレード前の「6つの準備」
  •  
  • これらを習慣化するだけも今後トレード収益が望めると思います。
  •  
  • トレードで利益を上げるには、テクニカル分析にプラスして
  • ファンダメンタルズも無視できません。
  •  
  • 私は後者に関しては疎かになりがちですが、両方を兼ね備えることは大切です。
  •  
  • この点を抑えることができればデイトレードから
  • スウィングトレードに応用が出来ると思います。
  •  
  • またこのDVDでは「ファンダメンタルズ」を利益に変えていく考えも身に付くと同時に、
  • 宮崎さんが実際に使用している「テクニカル分析」も公開されています。
  •  
  • とてもシンプルですが、この世界で勝つには「シンプル」でも十分に機能する
  • ということも分かると思います。
  •  
  • その他、長い期間トレードの第一線で活躍してきたノウハウも吸収することができ、
  • 価値ある内容です。
  •  

平野朋之氏 -プロフィール-

米国大学を卒業後、海外取引所関連の仕事に従事。その後、ひまわり証券にてFX業務全般、自己売買部門にてディーラー、投資情報室にてFX、日経225の情報発信、セミナー講師を務め、2011年トレードタイムを設立。

自らも売買をし、個人投資家支援としてe-ラーニングを通じ手法の公開、FX会社への情報発信業務、FX雑誌にも連載記事を掲載中。

 

◆株式会社トレード・タイム 

URL: http://www.trade-time.com/

◆Yahoo!ファイナンス 投資の達人

URL: http://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/specialist/yoso/5009

 

 

 

平野氏はもともと才能があったので、今の活躍が私の指導の賜物とは言いませんが、

それでも少しはお役に立ったのかな、と思います。

 

他にも育てたディーラーはたくさんいますが、

みんな投資銀行や証券会社のディーリング部に属しているため、残念ながらここで紹介することはできません。

 

私がここでお伝えしたいことは、プロのトレーダーになることは決して夢ではないということです。

 

 

 

 

それを証拠に投資銀行や証券会社には「ディーリング部」があり、プロップディーラーが何人も存在します。

 

 

 

私は今、誰からも束縛されない“身軽な立場”となりました。
そんな私だからこそ、教えられることが山ほどあります。

 

さて、前置きはこのくらいにして、そろそろ本題に移りたいと思います。

どうすればあなたが勝てるトレーダーになれるのか・・・そのことについて具体的にお話しましょう。

 

 

あなたが望んでいることは
「どうすれば勝てるトレーダーになれるのか?」
ということだと思います。

 

それも「勝ったり負けたりではなく、安定して勝ち続けられるトレーダーになること」ではないでしょうか。

 

 

どういうことなのか、詳しく説明します。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

たとえば、ある証券会社のディーリングルームに10人のトレーダーがいたとします。
彼らは皆優秀で、それぞれが年間数億、数十億の利益を出していました。

ある日、素人のあなたがそのチームに配属されることになりました。

あなたは毎日、そのディーリングルームに通いつめ、
チームのみんなと情報交換をしながら朝から晩までトレードしていました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

さて、1年後・・・あなたはどうなっているでしょうか?


今と何も変わっていないでしょうか?

 

そんなことはないですよね。

 

ディーリング部で優秀なトレーダーに囲まれて共に1年間も過ごせば、
どんな人でもトレード能力が向上しているはずです。


それも飛躍的に。

 

つまり、環境とはそれだけ重要な要素だということです。

 

あるTVドラマで柴田恭兵さんが「環境が人を育てる」というセリフを口にしていましたが、

幸運にも私は、30年以上そういった恵まれた環境で生きてきました。

 

さて、あなたはどうでしょうか?

 

もし、まわりがパッとしない人ばかり、あるいは負けている人ばかりだとすると
それはあなたにとって良い環境とは言えません。

 

むしろ、環境が足を引っ張ってしまっている可能性さえあります。

 

ですから、そういう人は、まず「その環境を断ち切ること」が必要です。

 

自分は投資サークルに所属していて仲間がたくさんいるから大丈夫…
有名トレーダーの塾に入っているから大丈夫…ではありません。

 

たとえば、その塾の講師が個人レベルのトレーダーだった場合、
あなたが得られるものは、せいぜい小手先だけのテクニック、

あるいは、ごく一般的な投資理論が学べる程度ではないでしょうか。

 

でも、そんなことは書店に行かずとも、今の時代、インターネットの検索で調べることができます。

わざわざ塾に入るほどのことでもありません。

 

 

もし、あなたが良くない環境にいるのであれば、まずは環境を変えることが必要です。

 

いずれにしても、より良い環境に身を置くことが成功への近道ですので、

まずは、今の自分の環境を見直してみていただければと思います。

 

 

「自分の環境を見直しなさい」と言われても、

どうすれば良いのか分からない人が大半でしょう。

 

当然ですよね。


あなたにはあなたの生活があるため、

それを変えてまでFXトレードに専念することは難しいはずです。

 

ですので、まずは自分ができることからやってみて下さい。

 

たとえば、

 

・トレード仲間を変えてみる

・トレードスタイルを変えてみる

・参考にしているブログやメルマガ、情報サイトなどを変えてみる

・トレードする時間帯を変えてみる

 

…など、どんなことでもいいです。

 

とにかく、もしあなたが今の状況に満足できていないのなら、

何かを変える必要があります。

 

現状を変えなければ、その先もずっと同じだからです。

 

とは言え、ちょっとした変化で大きな効果が期待できるかというと、答えは"NO"です。

 

そこで、ただ闇雲に環境を変えるのではなく、

「それによって何が得られれば良いのか?」を考えてみます。

 

先ほど、私は・・・

 

 

と言いましたが、それは何故でしょうか?

 

 

どれも重要なことだとは思いますが、

私の経験上、最も意味があると思うのは、「FXトレードでの勝ち方(コツ)がわかる」ということです。

 

話が少し逸れてしまいますが、
2013年のコンフェデ杯(サッカーW杯のプレ大会)で日本が3戦全敗で終了したとき、

本田圭佑選手が次のようなことを述べていました。

報知新聞社の記事⇒ http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20130623-OHT1T00218.htm

 

 

この言葉の意味、わかる人にはわかると思います。

 

そうです。


 

サッカーだけではありません。

これはFXトレードにおいても同じです。

 

レベルの高い環境に身を置いて得られる最大のメリットは、

この「勝ち方(コツ)を知ることができる」ということなのです。


 

では、「勝ち方」についてお話ししましょう。

 

私は当サイトの冒頭で

 

「プロと同じタイミングで仕掛けることができない限り、相場では一生カモにされる」

 

と述べましたが、これがすべてです。

 

ずばり・・・

 

 

たとえば、
プロがポジションを持ったときに、あなたも同じポジションを持ち、
プロがポジションを手放したときに、あなたもポジションを手放せば、

少なくともあなたがカモられることはありません。

 

また、プロが勝ち続ければ、あなたも勝ち続けることになります。

 

「そんなこと出来るわけない!」

 

と思った方も多いでしょうが、ディーリングルームの基本はこの考え方です。

 

大口の投資ファンドや機関投資家はどこで仕掛けそうか?

どこに大量の注文が仕込まれているか?など、

彼らがどこで仕掛けてくるのかを常に探っていくことが重要です。

 

これは中長期に限らず、短期トレードであっても必ず把握していなければならないことです。

 

プロのディーリングルームでは、この手の情報を取得するために様々な手を尽くします。

残念ながら、その手法については機密性が非常に高いものなので、ここでお話するわけにはいきません。

 

興味がある方は、当スクールにて学んでいただければと思います。

 

さて、ここで一つお伺いしますが、
あなたはチャート分析だけでFXを攻略しようとしていませんか?

 

もしそうであれば、あなたはこの先もプロたちの餌食になってしまうでしょう。


なぜなら、それだけで勝ち続けられるほどFXは甘くないからです。

 

いわゆる“プロ”と呼ばれているディーラーは、
テクニカル3割、ファンダメンタルズ7割のバランスでトレード判断をおこないます。

 

少なくとも私が携わってきた金融機関はそうでした。

 

当然ですよね。

為替はファンダメンタルズによって動いているのですから。

 

あなたのトレードはどうでしょうか?

テクニカル一本でどうにかしようとしていませんか?

 

本気で勝ちたいと思っているのなら、その考え方を根本から変えていく必要があると思います。

 

どんなにチャートをカスタマイズし、分析したところで限界があります。
そして、多くの人がその限界に気づいているにもかかわらず、

そこから抜け出そうとしません。

 

なぜなら、それ以外の方法が見つけられないからです。

 

勘違いしてほしくないのですが、
私は「テクニカルが無駄」だと言っているわけではありません。


テクニカルだけでは無理があると言っているのです。

 

では、どういったトレードをすれば良いのか?

 

気になりますよね?

 

それについてもお話していきましょう。

 

 


簡単に言うと、ファンダメンタルズをメインにして

テクニカル分析で裏を取っていくトレードスタイルです。

 

書店で販売されている投資本、インターネットで溢れている教材は、
この「ファンダメンタルズをメインに」という部分が欠如しているものばかりです。

 

あなたが今まで読んできた投資本や教材はどうでしたか?
やはりこの部分(ファンダメンタルズ分析)が欠如していたのではないですか?

 

ファンダメンタルズ分析によるトレードは、ケースバイケースが多すぎるため、

“ノウハウとして落とし込むことが難しい”と言われています。

 

とはいえ、これを学ばないとFXで勝ち続けることが難しいのが現状です。

 

また、ファンダメンタルズ分析をしっかりと身につければ

“チャートに仕掛けられた罠”も見抜けるようになります。

 

もし、あなたが自信と確信に満ちたトレードをしたいと思っているのなら、

テクニカル分析だけに頼ったトレードから足を洗い、本気でファンダメンタルズ分析を身につけることをお勧めします。

 

そんなに難しいことではありません。
ちょっとしたコツを覚えれば、短期間で習得することが可能です。

 

そもそも、FXの仕組みを冷静に考えれば、

ファンダメンタルズ分析が欠かせないことは誰にでもわかることです。

 


 

この意味、わかりますよね?

 

テクニカル分析は相場の流れを知る上では非常に有効な方法論ではありますが、

その背景にある要因までは知ることができません。

 

つまり、多くの人は「どうして相場が動いたのか?」も分からずにトレードしてしまっているのです。

 

これは大きな問題だと思います。

短期トレード派の人も例外ではありません。

 

「私はスキャル派だから関係ない」なんて思っていたら大間違いです。

 

むしろ、逆です。

 

短期トレードをしている人ほど、ファンダメンタルズは十分に把握していなければなりません


プロが入りそうなタイミングでポジションを持ち、
プロが手放しそうなタイミングでポジションを手放すことを目指さなければなりません。

 

正直、それ以外はそんなに考える必要がないのです。

 

もし、あなたが今まで以上にファンダメンタルズに比重をおいたトレードができたら、

きっと今まで以上の成果が出せるでしょう。

 

それは私が言うまでもなく、あなたも薄々感じていたはずです。

 

ただ、”どうすればいいのか分からなかっただけ”ではないですか?

 

ご安心ください。

そのためにSDS(Super Dealing School)があります。

 

これは、1日15分、わずか3ヶ月で宮﨑流スーパーディーリングをマスターできるFXトレードスクールです。

 

当サイトをご覧になって「自分もプロが現場でやっているトレード法を身に付けたい!」と思った方は、

是非ともご参加いただければと思います。

 

当サイトでお話したことはもちろん、ほかにも様々なトレードノウハウを学ぶことが可能です。

 

では、FXトレードスクールSDS(Super Dealing School)の詳細をご説明いたしましょう。

 

 

「SDS -super dealing school-」は、小手先のトレード技術ではなく【FXトレードを本職にするためのすべて】を3ヶ月かけて学んでいただくトレーダー育成プログラムです。

通信教育プログラムですので “ご自宅”“ご自身のペース” で学習していくことが可能です。

主なカリキュラムは【ノウハウ動画】【テキスト教材】【専用トレードツール】【セミナー動画】

【メール講座】【直伝サポート】【お役立ち情報サイト】の7つになります。

よくあるトレードスクールは、テクニカル分析トレードに特化したものがほとんどですが、

SDSでは、「ファンダメンタルズ分析トレード」をメインに様々なトレードノウハウを学んでいただき、プロとして通用する技術を身につけていただくことが最大の目的です。

そういった面で言えば、SDSは、他を圧倒するスケールでFXトレードを学ぶことができるスクールだと言えます。

もし、あなたが「本物志向」であるのなら、ぜひ当スクールに参加されることをお勧めします。

 

自宅にプロのトレード環境を構築する方法から門外不出の売買戦略「ストップエントリー方法」まで、宮﨑正のトレード手法の基礎をDVDに完全収録(全1時間55分)。


全11章にわたって公開されるその内容は、通貨ペアごとのトレード対策やトレンド相場の攻略法、レンジ相場の攻略法、さらには経済指標発表の攻略法など、毎日のトレードにすぐに役立つノウハウも満載。


中でも門外不出の売買戦略「ストップエントリー方法」はFXトレーダーなら知っておきたいトレード戦略です。


また、1章あたりの所要時間は平均15分程度と、簡潔にまとめられているため、ダラダラ時間をかけて学ぶは必要はありません。


1日1章ずつの学習でもたった11日でDVDを完全制覇できます。

 

まずは、このDVD教材で宮﨑流トレード法の基礎を身につけましょう!

 

DVD教材をより深く学ぶための補足テキスト教材です。

(PDFダウンロード版A4サイズ全42ページ)

 

もし、あなたが宮﨑流トレードノウハウをトコトン極めたいなら、是非ともご一読すべき内容になっています。

 

プロのディーラーは常にどのようなタイミングを狙っていて、

どのようにトレードしているのかを詳しく解説していますので、

今までのトレードを大幅に見直すきっかけになるでしょう。

 

また、参考にすべきテクニカル指標やトレード に有利な時間帯、

注視すべき海外情報や勝ちグセをつけるためのコツなど、

初心者から中~上級者まで全員が満足できる様々な情報をこの一冊で得ることができますので、

参考になることがたくさん見つけられるはずです。

 

判断は正確に、そして決断は素早く・・・

それがFXトレードで勝ち続けるためのルール。

 

ひとつの迷いが損失を大きくすることもあれば、

みすみすチャンスを逃すこともあります。

 

それを防ぐために、システム化できるものについては全てプロ

グラムを組み、トレードの手間を削減させることもプロの技の

ひとつです。

 

当スクールで配布されるSDSインディケータ ーは、

トレードをより簡略化し、正確な判断と素早い決断を実現する

ための開発されたFX専用のトレードツールです。

 

実際にプロが現場で使っているロジックを再現し、さらに初心者にも使いやすいように特別カスタマイズされています。

 

これは、スキャルピングデイトレードはもちろん、スイングトレードにも役立つ【万能型オリジナルインディケーター】です。

 

DVDが基礎編だとすれば、こちらは実践編になります。

WEBセミナー動画は、毎月1回(全3回)のステップ方式で配信されます。

 

さて、FXトレードには欠かせない「ファンダメンタルズ分析」

ですが、多くの個人トレーダーは、このファクターを軽視し、

テクニカルのみで勝負しようとしています。

 

しかし、それは為替取引の本質から目を背けているのと同じです。FXとカジノを同じように考えてしまってはいけません。

 

カジノの出目には意味はありませんが、為替の動きには必ず理由があります。

 

つまり、FXはファンダメンタルズ分析を覚えることで、

今までよりも数倍有利に、数倍安全にトレードできるようになるのです。

 

SDSでは、一般的にはなかなか学べないプロのファンダメンタルズ分析テクニック

わかりやすくWEBセミナー形式で学ぶことができます。

 

そして、これを土台とすることで、テクニカル分析も活きてきます。

これはあなたにとって、とても貴重な体験になるでしょう。

 

SDSでは、分からないことや困ったことがあれば、

宮﨑正を始め、SDSサポート事務局のスタッフたちに直接アドバイスを受けることが可能です。

 

これは、SDSで脱落者を一人も出さないためのメールサポートサービスで、原則24時間以内(土日祝日を除く)の対応を心がけています。

 

プロのトレーダーに、いつでも気軽に相談できる安心感は、

一般の個人トレーダーではなかなか得られないものだと思います。

 

なお、このサポートサービスは受講期間中、回数無制限でご利用いただけます。

あなたのメンタル的な負担も、これで大幅に軽減されるでしょう。

 

基本的なトレードノウハウはDVD教材やテキスト教材などで学ぶことができますが、相場は生き物ですので、

さらに「タイムリーなノウハウ」があれば鬼に金棒です。

 

そこで、SDSでは今現在の相場にマッチしたタイムリーなトレード情報を毎週メールでお届けします。

 

このカリキュラムでは、日々のトレードに役立つ様々な情報を

毎週1回配信していきますので、必ずチェックするようにして

下さい。

 

相場を先取りし、乗り遅れないように常にアンテナを張っておくことが大切です。

そのために、是非ともこの特別メール講座をご活用していただければ幸いです。

 

「ファンダメンタルズ分析をおこなうにしても、どうやって情報を取得すればいいのだろう?」と悩んでいる方も多いでしょう。

 

そこで、SDSでは受講者全員に、

【宮﨑式お役立ち情報サイト一覧】を配布いたします。

 

今の時代、良質な情報はお金をかければいくらでも手に入りますが、そういった情報を専業ではないトレーダーが利用する場合、

かなり割高であることは否めません。

 

しかし、お金をかけなくても良質な情報を得ることは可能です

ので、ご安心ください。

 

私がリストアップした情報サイトをチェックしていただければ、

トレードを有利に進めることができるはずです。

 

ぜひ、活用してみてください。

 

 

 

以上、7つのカリキュラムでプロとして必要なトレード技術をみっちり学んでいただきます。

 

もし、あなたが「素人レベルを脱却したい!」「勝ち方のコツを身に付けたい」と思っているのなら、

このスクールはあなたにとって最適なスクールだと言えるでしょう。

 

ただし、「1回以上FXトレードをしたことがある」ということが参加条件です。

 

というのも、トレードさえしたことがない人に、プロのテクニックを教えるのはさすがに無理があるからです。

 

ですので、もし、あなたが1度もFXでトレードしたことがないのなら、

まずはデモトレードでも何でも良いので実際にFXトレードを実践してみて下さい。

SDSに参加するのは、それからでも遅くありません。

 

いずれにしましても、SDSは、これまで私が現場でおこなってきた「プロトレーダー育成プログラム」を

一般の方にもご活用いただけるよう、教材としてまとめ上げたものです。

 

遊び半分ではなく、本気でトレーダーを目指す人は是非ともご参加いただければと思います。

 

 

では、先ほどご紹介したの7つのカリキュラムから

「あなたが何を得られるのか?」を簡単にご紹介します。

 

ここでご紹介するのはSDSで学べる内容のごく一部ですが、

ぜひ他の教材やスクールとの違いを感じていただけると嬉しいです。

 

もしかしたら、「私にはちょっと難しいかも…」と思われる方も

いるかもしれませんが、そんなことは一切ありません。

 

少しでもトレード経験がある方でしたら、

すんなり理解できると思いますし、何の問題もないでしょう。

 

SDSであなたが学べるのは次のようなことです。

これらを約3ヶ月かけて学んでいただきます。

 

FXトレードで勝つために必要な「相場眼」を短期間で身につけるには?

FXトレードでは「相場の着眼点」を間違えてしまうと、どんなに一生懸命考えても正解にはたどり着きません。残念ながら多くの個人トレーダーは、逆とまでは言いませんが、まったく違う方向(意味のないこと)を見てしまっています。つまり、着眼点がずれているのです。それを修正するだけでも、トレードの質は大きく変わってきます。

プロが狙っているタイミングをイチ早く見抜く方法とは?

FXトレードで大きな成果を出したいのなら、「仕掛けられる側」ではなく「仕掛けられる側」になる必要があります。そのためには、プロが狙うタイミングを見抜けなければなりません。「大口プレーヤーがどこを狙っているのか?」「機関投資家が仕掛けてくるタイミングは?」など、プロ目線で相場を見れなければ、いつまでたってもアマチュアの領域から抜け出すことはできないのです。

短期間で「プロ並みの経験」を得てしまう方法とは?

何にしても「経験」に勝るものはありません。FXも同じです。私が様々な知識、ノウハウをお伝えできるのは30年以上の相場経験があるからです。とはいえ、あなたにも30年の経験を積んでいただこうとは思っていません。短期間で「プロとして生きていくための必要な経験」が得られてしまう方法をお教えします。

「カモ」にされないために、あなたが知っていなければならないこととは?

多くの人は知らぬ間にプロたちの「カモ」にされてしまっています。特に、日本人トレーダーは外国のトレーダーに狙われやすく、常に危険と背中合わせの状態です。大きな損失を回避するために、あなたが知っておくべき知識をしっかりとお教えいたします。

トレンドを先取りするための「宮﨑流ファンダメンタルズ分析法」とは?

短期、中期、長期、どんな場面でトレードするにしても、一秒でも早く相場を先読みする能力が必須です。逆を言えば、相場を先読みできない人がトレードで勝てるはずもありません。SDSでは、相場をいち早く、正確に読み解くための「宮﨑流ファンダメンタルズ分析テクニック」をお教えします。

トレードで手堅く勝つための事前準備とは?

プロのトレーダーの中には、「トレードは準備に始まり、準備に終わる」という人もいます。 つまり、トレードに勝つためには準備が重要な意味を持つということです。トレードで手堅く勝つための事前準備をご紹介します。

宮﨑が推奨する、確かなリーディングをするためのパソコン環境とは?

急激な相場の変化や重要な声明が発表された場合に、的確に反応するためにはパソコン環境のアレンジが必要です。ここでは、相場に立ち向かうために最適なパソコン環境を解説します。

リーディングと情報収集を理想的な形で行うためのモニターセッティングとは?

私たちプロが実際に設置しているモニターセッティングについてもご説明します。トレードはリーディングと情報収集が基本になりますが、その2つを並行して実践していくための環境作りが学べます。

プロが見ている情報を無料でキャッチするには?

巷には有料、無料を問わず様々な情報で溢れ返っています。情報なくしてトレードすることは言語道断ですが、ありすぎるのも混乱しています。プロがトレードの材料にしている情報を無料で収集できる方法をお教えします。

複数パネルに映し出す、宮﨑の情報配置パターンとは?

FXを行う上で、株式の動向や債券、商品のニュースなど様々な情報を的確に把握する必要があります。どのパネルのどの位置に、どの情報を設置するのがいいのか、その意味も含めて解説します

宮﨑がトレードするときに利用するチャートとは?

実際に、私がトレードする時に見ているチャート画面も解説させていただきます。よく参考にするテクニカル指標などもきちんとご説明しています。

為替に影響を与える情報をトータルかつ瞬時に把握する方法とは?

日経225やJASDAC、マザーズ、NYダウフューチャー、WTLの原油先物、金の先物など、為替を予測する上で必要になる情報を効率的に収集する方法をご紹介します。

宮﨑が狙っている「勝てる」5つの通貨ペアとは?

私がトレードに臨む時に注目している5つの通貨ペアをご紹介します。もちろん、「なぜなのか?」という理由についても詳しくご説明いたします。

分散効果を狙うための、プロ仕様の通貨ペアの組み合わせ方とは?

どんな通貨ペアを混ぜてトレードすると分散効果を狙える取引ができるのか、つまり、ポートフォリオにつきましても言及します。

宮﨑がトレード開始前におこなう「朝の6つの準備」とは?

私が長年トレードをおこなってきて毎朝欠かさずやっていることがあります。これはトレードを有利におこなうために必要なことであり、やるべきことは6つありますが、時間は10分足らず済むことです。こちらに関して細かく解説します。

宮﨑流、最高値と最安値のプロの捉え方とは?

1日、1週間、1カ月、それぞれの最安値と最高値の数値は、トレードに勝つための重要な要素となっています。プロがこれらをどうと堪え、そしてどうトレードに活かしているのかを事細かく解説します。

基本中の基本、ストップポイントの置き方を徹底解説。

プロのトレーダーは損小利大を重要視します。そのために、ストップポイントに置き方に関しては慎重に事を進めます。プロがどんな根拠でストップポイントを確定するのかを徹底解説いたします。

マーケットにエネルギーが圧縮されている時の身の振り方とは?

マーケットの状況次第で、ストップセルとストップバイの置き方は違ったものになります。実際にチャートを見ながら、マーケットの状況をご説明し、それに応じたストップポイントの入れ方を解説します。

利食うポイント・・・そのプロのセンスと根拠とは?

トレードの成功のカギとなる利食いのポイントを、相場の動きに応じて逐一細かく解説します。

例えば右図のようなチャートの動きに応じて、プロのセンスを分かりやすく説明します。

また、「なぜ、そういう判断をするのか」という根拠についても細かくお話しします。

 

 

相場の動きが大きく、読むのが難しい時の対処法とは?

例えば右図の「ユーロ/ドル」の日足チャート。

このように短期間で相場が大きく乱高下する相場は、プロでも動きを読むのが難しいといわれていますが、このように相場が大きく動く時こそ大きな利益を出すチャンスになります。どのようにトレードすれば、こういった相場をうまく利用できるのか、その方法を詳しくご説明します。

 

 

前日の値動きの読み方と、当日のトレードへの反映の仕方とは?

前日の相場の動きは、当日の動きを予測する上で重要な材料になる場合が多々あります。ここで重要なことは、「前日、なぜ動いたのか、動かなかったのか」という検証です。テクニカル上の重要ポイントと照らし合わせて確認を繰り返すことでトレーダーとして成長することができます。その方法につきましてもじっくり解説します。

相場の動きを、マーケット心理から感じ取る方法とは?

相場を動かしているのは市場の心理です。言うまでもありませんが、マーケット心理を読み取ることができれば、かなり有利にトレードすることができます。ここが、アマとプロの違いといっても過言ではありませんので、これについても徹底的にお話しします。

原油や金の価格から、その日の対策を練る方法とは?

オーストラリアのオージードルなどの資源国通貨は、原油や金のフューチャーのレートに凄く順応します。資源国通貨とクロス/円の動きの関係についても分かりやすく解説します。

NY債権の動向に注視した宮﨑流トレード方法とは?

NY債権の動向もFXを行う場合重要なポイントになります。その動向が上昇か下落でその時点でのドルの状況が把握できるからです。基本的なことですが、とても大切ですのでしっかりとご説明します。

欧州債権の動向に注視した宮﨑流トレード方法とは?

欧州債券もNY債権と同様、FXを行う場合に重要な意味を持ちます。こちらに注視した相場の動きの予測方法もお話しさせていただきます。

中南米債権の動向に注視した宮﨑流トレード方法とは?

中南米債券と為替の関係についても侮れません。多くの人はこれについてかなり軽視していますが、実はこういった要素も主要通貨の動きに強く関係しています。覚えておいて損はない内容です。むしろ、ここが大きなアドバンテージになるでしょう。

IMM通貨先物市場の動向を探り、相場を予測する方法とは?

IMM通貨先物市場の動向を探ることで、投機筋が相場に対して強気の姿勢なのか弱気に傾いているのか推測することができます。また、その他にも相場を予測する重要なサインを送ってくれますので、じっくりお話しします。

初心者でもできる「儲けるための経済ニュース活用法」とは?

各国の経済指標など、為替の動きに影響を与える経済ニュースが24時間流れています。プロは、どういった姿勢でこれらのニュースをキャッチし、トレードに反映しているのか、そのすべてを解説します。

プロが最も重視する経済ニュースとは?

毎日膨大な数の経済ニュースが流れています。専業トレーダーであっても機関投資家であっても、そのすべてをキャッチしトレードに反映させることは不可能です。プロが特に気を使っている経済ニュースをご紹介します。

ファンダメンタルズ分析を元にトレードする場合に最も重要なポイントとは?

経済指標や要人の発言など、いわゆるファンダメンタルズ分析でトレードをおこなう場合、どういった姿勢でポジションを持ったりするべきかなど、重要なポイントについてご説明します。

宮﨑が使っている、完全プロ仕様のテクニカル分析手法とは?

私の持論ですが、テクニカル分析だけでは勝てません。とはいえ、テクニカル分析を否定しているわけではありません。私も、常に様々な情報を吸収しつつ、テクニカル分析を行っています。私が普段実践しているテクニカル手法をすべてお見せします。

基本的なテクニカル分析でも十分勝てる。そう言い切れる根拠とは?

初心者の方に限って、複雑なテクニカル理論や指標、インディケーターを使って分析しようとします。ところが、プロはそんな複雑なことはしていません。実は驚くほどシンプルだったりします。基本的なテクニカル分析でも十分勝てるという理由をじっくりお話しします。

宮﨑が最も重要視しているチャートとは?

私が最も重要視しているチャートは3つだけです。「え、そんなに少ないの?」と思われるかもしれませんが、これだけで相場が予測できることを証明します。

宮﨑が最も頼りにしている時間足とは?

私が最もよく使う時間足は基本的に2つです。理由は、トレンドが最も把握しやすいからです。その理由と根拠を詳しく解説いたします。

宮﨑流・逆張りで面白いように勝つ手法とは?

トレードの基本は何と言っても順張りです。しかし、長年の経験から逆張りで勝てるトレードポイントがあることが分かりました。非常に確率の高い手法ですので、ぜひ自分の手の内に入れて下さい。

「ローソク足」と「ある指標」を組み合わせて、抜群の高確率で勝つ手法とは?

ローソク足を重要視しないプロはいないでしょう。私も非常に重宝しています。さらにあるテクニカル指標と組み合わせれば、かなりの高確率で勝てる手法を発見しました。初心者でもわかりやすく解説します。

宮﨑が確信をもって取引できる売買シグナルとは?

色々な売買シグナルが紹介されていますが、私が確信をもって取引できる売買シグナルを紹介します。きっと参考になるはずです。

時間をかけずにチャッチャッと稼げる投資手法とは?

FXで利益を出そうとすると四六時中パソコンとにらめっこしている雰囲気がありますが、実はあるツボに入れば、時間をかけることなく簡単に利益を出すことができる時があるのです。あまりトレードに時間を避けない方は是非とも参考にして下さい。

門外不出の売買戦略「ストップエントリー方法」とは?

私は30年以上にわたって投資の世界に身を置いてきました。そんな中で、私が辿りついた門外不出の売買戦略「ストップエントリー方法」をこのスクールで公開いたします。

宮﨑命名、カシアス・クレイ戦法とは?

カシアス・クレイ、元ボクシング世界ヘビー級チャンピオン、モハメッド・アリのことです。「蝶のように舞い、鉢のように刺す」と言われた彼のボクシングスタイルに似たトレード手法があります。これについても、じっくり解説いたします。

トレンド出現の把握の仕方とは?

トレードの格言に「トレンドには逆らうな」というのがあります。確かにその通りですが、トレンドの出現を正確に把握できなければ意味がありません。今回は、私流のトレンド確認方法をご紹介します。

トレンドが発生している時の「ポジションメイキング」の手法とは?

上昇トレンドや下降トレンドが発生している時のポジションについて徹底的に解説します。これを覚えておくと、実際のトレードで圧倒的に有利になります。

レンジ相場での効果的なトレード法とは?

レンジ相場での取引時に心がけなければならないことをお話しします。また、面白くもないレンジ相場でもきちんと利益を上げるための攻略法を解説します。

レンジ相場の終わりを予測する方法とは?

長い間ボックスの中で推移し、マーケットにストレスがたまっていれば、一気に爆発することが多々あります。経験したことがある人も多いでしょうが、ここが大きく勝つための重要なポイントになります。レンジ相場の終焉を予測する方法を細かくご説明します。

RSIを使った、宮﨑のレンジ相場攻略法とは?

RSIは、レンジ相場で力を発揮するテクニカル指標です。シグナルが非常に確認しやすい指標とも言われています。私もレンジ相場での予測に使うことがよくあります。宮﨑流のRSIの利用法を解説します。

勝てる「経済指標トレード方法」とは?

指標発表時に最も気をつけなくてはいけないことを解説します。これを知っているかどうかで、あなたのトレードは全然違ったものになります。

宮﨑が最も気にかけている各国共通の経済指標とは?

経済指標と一言でいっても、様々なものがあります。すべての指標をきちんと把握し、分析するのが理想的ですが、なかなかそうもいきません。私が重要視している経済指標をご紹介します。

それぞれの経済指標が、為替に与える影響とは?

私が最も気にかけている経済指標が、それぞれ為替にどのような影響を与えるかということについて、ご説明します。また、それぞれの数値の見方についても言及しています。

宮﨑が最も気にかけている米国の経済指標とは?

米国における注目しておくべき経済指標をご紹介します。米国は言うまでもなく世界一の経済大国です。把握しておくべき重要な経済指標が数多くあります。把握しておくべき重要なものをご説明しますので、ぜひきちんと学んでください。

バーナンキFRB議長の議会証言からの予測の仕方とは?

米国の経済指標の中でも最も注目度が高いのが、バーナンキFRB議長の議会証言でしょう。この証言を聞いて、私がトレードにどのような形で反映させているのかをつぶさに解説します。

その他の重要な経済指標のトレードの反映の仕方とは?

バーナンキFRB議長の議会証言以外にも新規失業保険申請件数や中古住宅販売係数など重要な経済指標があります。これらの詳細や発表された数値をどうトレードに反映するのかきめ細かくご説明します。

欧州の重要な経済指標のトレードの反映の仕方とは?

欧州の重要な経済指標に関しましても、それぞれの詳細をご説明し、トレードにどう反映するか解説します。

宮﨑が実践しているメンタルイメージトレーニングとは?

私がFXを実践するにあたって常に心がけていることや市場に向かう姿勢をお話しします。また、トレードに臨むにあたって最も重要なことは自己管理能力ですが、その養い方についてもご説明します。

宮﨑がお勧めするメイントレードの時間帯とは?

四六時中パソコンに張り付いているトレーダーがいます。中には1日20時間も画面に向かっている人もいるそうです。しかし、人間はそんなに集中力が続くものではありません。私がお勧めするトレードの時間帯とその理由をご紹介します。

意外と市場にインパクトを与える経済指標以外の要因とは?

為替には様々な経済指標が影響を与えます。しかし、その他にも意外と思われる要因が為替を動かします。ここまで抑えればプロの領域といっていいでしょう。きちんとご説明します。

プロのトレーダーになるために必ず習慣化しなければいけないこととは?

私の経験上、プロのトレーダーになるためには、必ず習慣化しなければならないことが2つあります。ぜひともルーティン化していただきたいと思いますので、じっくりお話しします。

勝率4割でもトータルでプラスにするために必要なこととは?

いくら勝率が高くても、トータルでマイナスになれば何の意味もありません、勝率が低くても、トータルでプラス収支にするために必要なことをご説明します。

「こんな人間がFXで勝っている」。宮﨑がそう言い切る人間とは?

長年投資に携わってきて、1つ確信を持っていることができます。それは投資で勝ち続けている人には、ある共通点が存在するということです。非常に重要なことですので、細かく解説します。

意外に知らない「日経225」と「ある通貨ペア」の連動性とは?

「日経225」と「ある通貨ペア」には強い連動性があります。このことを知っていると特定の通貨ペアに関しては高確率で勝てるようになります。こちらについても、きちんとご説明します。

ファンダメンタルズに比重を置くことであなたのトレードがどう変わるのか?

相場の背景を知ることで、テクニカル分析の裏付けを取ることができます。「チャートがこういう形だから」という理由だけで売買をおこなう行為は、コインを投げて裏が続いているからそろそろ表だろうという予想とそんなに変わりません。相場は生き物です。ちゃんと意思があって動いています。どうすればその意思を知ることができ、トレードで活かせるのかを徹底的に解説していきます。

 

 

少しのつもりが、ずいぶん長くなってしまいました・・・

 

これ以上、SDSの内容を書いても、もしかしたらあなたが混乱するだけかも知れませんので、

内容紹介はこのくらいにしておきましょう。

 

いずれにしましても、SDSは本格的にプロの現場を学んでいただくためのカリキュラムになっていますので、

FXトレードを極めたいという方には、この上ない内容だと自負しています。

 

とにかく、私の願いただ一つ。

あなたに世界と戦えるトレーダーになって欲しいということです。

 

ですから、私は一切出し惜しみせず、今まで培ってきたノウハウをすべて公開したいと思っています。

 

お小遣い稼ぎでトレードを楽しむのもいいですが、

どうせやるなら大きな資産を目指し、本気でFXトレードを学んでみませんか?

 

今はまだ5万円とか10万円とか資金が小さい人でも、

ちゃんとしたやり方を覚えれば、その少ない資金を大きくしていくことは可能です。

 

是非とも希望を持ってSDSにご参加いただければと思います。

 

 


では、SDSの参加費についてご説明します。

 

トレードスクールというと、一般的に20~30万円くらいが相場ですが

私はこのスクールで商売をしようとは思っていません。

 

これは、あくまで私の相場人生でやり残したことであって夢の一つです。

 

たとえば、スポーツ選手が現役を引退すると

「今度は指導者として自分の持っているものを後進に伝えていきたい」と言いますが

今の私の心境も、まさにそんな感じです。

 

よって、私の「教えたい」という思いと、あなたの「教わりたい」という思いがマッチングすれば、

それは互いに利害関係が一致することになります。

 

ただ・・・このスクールに関しては、多くのスタッフが携わっておりますし、

教材の制作費(スタジオ代・撮影費・編集費・プレス代・印刷代・プログラム開発費など)が

それなりに多くかかっているため、残念ながら無料というわけにはいきません。

 

そのため、参加費として、あなたからいくらか頂戴しなければなりません。

 

もちろん、先ほど申し上げたように、私はこのスクールを商売にはしたくないので、

他の投資スクールやトレード塾のように20万円、30万円という高額な参加費をいただくつもりはありません。

 

私の考えとしては、適切なサービスが維持できる金額を参加費としていただければと思っています。

 

この“適切なサービスが維持できる金額”とは、私が考えうるすべてのサービスを提供できる金額になります。

 

そもそも、価格を安くしてサービスのクオリティが下がってしまえば、それは私の本望ではありません。

私の最大の目的は「プロとして活躍できるトレーダーを数多く輩出すること」ですから。

 

その目的を達成することと、より多くの人にご参加いただけることを天秤にかけて検討した結果、

SDSの参加費を下記とさせていただきます。

 

それは、42,800円です。

 

42万8000円ではありません。4万2800円です。

これならば、多くの人にご参加いただけるのではないでしょうか。

私としてもサービスの質を落とす必要がなくなります。

 

ちなみに、SDSは3ヶ月のトレード育成プログラムですので、

これを1ヶ月あたりに換算すると、42,800円÷3で、14,266円となります。

 

本格的にプロを目指すには安すぎる自己投資ではないでしょうか。

 

ただし、これは一般公開記念特別限定とし、今回限りとさせていただきます。

なお、参加費とは別に教材送料が980円かかりますので、予めご了承下さい。

 

 

⇒SDSは3ヶ月間の「FXトレーダー育成プログラム」です。

◆SDS-DVD教材|収録時間1時間55分

◆SDS-トレードマニュアル|PDF42ページ※受講開始に伴い後日ダウンロードURLのご案内を差し上げます

◆SDS-トレードツール|MT4用システムプログラム・ダウンロード版

 OS: WindowsXP・WindowsVista・Windows7(32bit/64bit)  解像度:1024×768以上

 メモリ:512MB以上  CPU:Pentium1GHz以上 通信環境:ブロードバンド回線(ADSL光ファイバー等)

 ※上記は、日本語版Windowsでの動作結果です。その他の言語のWindowsに関しては、動作推奨外です。

 ※動作推奨の対象ブラウザはバージョンアップ状況や市場でのシェア等を勘案し変更する事があります。

 ※上記環境を満たして頂いていてもご利用のセキュリティソフト等の影響でうまく動作しない可能性があります。

◆WEBセミナー動画配信(全3回を予定) ◆受講者限定メール講座(3ヶ月) 

◆直伝メールサポート(3ヶ月) ◆お役立ち情報サイト一覧(PDF1ページ)

上記は今回限りの特別価格です。

※申込みが殺到した場合は、募集期間内であっても予告なく終了する場合がございます。

 

各種教材のご提供方法につきましては、代金決済完了後14日以内に、

DVD及び各種教材のダウンロード方法を順次、宅配便にてお送りします。

 

 

 

 

SDSのお申し込みはこちら!

 

 

【投資に係るリスクおよび手数料について】

当教材は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。FX取引は価格変動リスクを伴いますので、

場合によっては損失を被る場合があります。FXには取引業者の売買手数料がかかります。

【免責事項】

本サイトは、投資一般に関する情報の提供を 目的としたものであり、有価証券の取得の勧誘を目的としたものではありません。?
また、本サイトで提供している情報の内容の完全性、正確性、適用性、有用性等に関して 保証するものではありません。

万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても 当社は一切責任を負いません。
最終的な投資の意思決定は、お客様ご自身の判断で なさいますようお願いいたします。

 

すでに受講を始めている皆様の声をいくつかご紹介いたします。

 

当スクールは、本格的なトレードを学ぶためということもあり、

割合的には男性の方が多いですが、女性の方も結構おられます。

初心者と経験者の割合としては、初心者の方が圧倒的に多いですね。

 

いずれにしても様々な方にご参加いただいていますので、ぜひ参考にして下さい。

 

SDS体験談:川島さま(34歳・男性)

■FX一本でやっていけそうな手応えがあります。


私はFX歴3年になります。

なかなか思うように勝てず、今回SDSに参加させていただきましたが、

おかげさまでFX一本でやっていけそうな手応えがあります。

SDSに参加して一番衝撃的だったのは、これまで私が学んできた手法が、まさにトラップであったということです。

宮崎先生に出会わなければ、私はいつまでもそのトラップに引っかかっていたと思います。

しかし、良かれと思ってやっていたことが、まさか逆効果だったとは本当に悔しいです。

これからは宮崎先生から学んだトレードノウハウや相場分析法を活用し、高い意識で相場に挑んでいきたいと思います。

SDS体験談:K.Kさま(41歳・女性)

■今月は774pipsのプラスになっています。


何も知らずにトレードすることが、どれほど怖いことかを知りました。

宮崎先生の言葉は非常に説得力があり、初心者の私でも十分に理解することができました。

まだデモトレードの段階ですが、SDSで教えていただいた手法で今月は774pipsのプラスになっています。

今までは大きな含み損ばかりでトータルの収益が赤字ばかりでしたが、

そんな私でも利益を出していけそうな気がしています。

残り1週間でデモトレードを卒業し、来月からはいよいよ本番。

良いご報告ができるように頑張ります。

今後ともよろしくお願いします。

SDS体験談:久保田さま(52歳・男性)

■自分も狙っていきたいと思いました。


いつもお世話になっております。

今までにない観点(宮崎さんは普通なのでしょうが)で新鮮でした。

特に、プロはどういう状況を狙っているのかというお話は、とても参考になり、自分も狙っていきたいと思いました。

まだまだ理解できていないこともありますが、宮崎さんの投資理論をきちんと伝承し、

私も勝てるトレーダーになりたいと思います。

SDS体験談:清水さま(49歳・男性)

■この人なら信用できそうだと思い参加しました。


300万円の資金をどうやって運用しようかと考えていたとき、SDSを知りました。

やはり自分自身で運用したほうが何かと安全ではないかと思ったからです。

正直いうと「FXはないな」と思っていたのですが、この人なら信用できそうだと思い参加しました。

内容はさすがに素晴らしいというか、理論的かつ具体的で、何よりもご自身の実体験からの言葉は本当に説得力があります。

早速、自分なりに運用を始めていますが出だしは好調です。

来月は50%の資金増を目指して取り組んでいきたいと思います。

これからもご指導のほど宜しくお願い致します。

SDS体験談:ミヨさま(27歳・女性)

■私が稼いで旦那様を楽にしてあげたい。


私にもできるかな?と不安でしたが、先生がすごく丁寧に教えてくれるので、

最近は「プロになれるかも!」なんて思ったりしています(笑)

色々と覚えなければいけないこともたくさんあって大変だけど、私が稼いで旦那様を楽にしてあげたいので一生懸命頑張ります!

先生、何卒よろしくお願いします!

SDS体験談:中林さま(39歳・男性)

■確かにアマチュアがカモにされてしまうのは当然ですよね。


今まで色々な本を読み、自分なりに勉強してきたため、知識についてはそれなりに自信がありました。

しかし、宮崎先生に教えていただいたことは、相場の汚い世界というか、まさに本質であり、

そういったことを学べる機会はこれまでありませんでした。

確かに、ジャンケンでも相手がグーを出すと分かっていれば、パーを出せばいいわけですし、

チョキを出すと分かっていれば、グーを出せばいいわけで、為替も本質を見ればそういうことなのかなと、

なんとなく分かってきました。

そういうことなら、確かにアマチュアがカモにされてしまうのは当然ですよね。

ですので、今後の講義が非常に楽しみです。期待しています。

SDS体験談:Kitagawaさま(45歳・男性)

■実際、いくつかトレードしてみましたが、講義でおっしゃっていた通りでした。


思ったよりも再現性が高いスクールだったので驚きです。

この手のものは机上の空論、すなわち理論先行型で実際には使えないものが多いのですが、

宮崎さんのスクールは理論も手法もしっかりしているので、かなり再現性が高いのではないかと思います。

実際、いくつかトレードしてみましたが、講義でおっしゃっていた通りでした。

今までと逆のことをやるので、慣れるまではなかなか抵抗があると思いますが、

これを自分のものにして、一日も早くトレード収益で生活できるようになりたいと思います。

SDS体験談:hiryu1008さま(32歳・男性)

■こんなにちゃんとしたトレードスクールがあったなんて驚きです。


会社を辞めてトレードを専業としてやっていく自信がつきました。

これまでも勝ってはいましたが、多少なりとも不安があったのでSDSに参加しましたが

そんな不安もすべて解消できたので、本当に参加してよかったです。

こんなにちゃんとしたトレードスクールがあったなんて驚きです。

知人にも勧めたいと思います。

SDS体験談:斎藤さま(44歳・女性)

■少しずつですが利益も出るようになり、今までの損失を回収できています。


いつも貴重な情報を教えていただきありがとうございます。

どうしてもFXで勝てるようになりたくて参加しました。

私はいつも自分がエントリーした方向と逆に動いてしまうので、含み損が増えてばかりでしたが、

宮崎先生のお話をお伺いして、どうしてそうなってしまうのかがよくわかりました。

少しずつですが利益も出るようになり、今までの損失を回収できています。

まだ自信を持ってトレードするまでには至っていませんが、

いつの日か宮崎先生みたいにトレードのスペシャリストになりたいと思います。

今後ともよろしくお願いいします。

 

以上、掲載許可をいただいた数名の方の声をご紹介いたしましたが、

また新しくメッセージが届きましたら、ここに追加していきたいと思います。

 

 


それでは、よくある質問にお答えします。

もし、不明点がございましたら、まずは下記のQ&Aをご覧下さい。

それでも解決しない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

SDS(Super Dealing School)のQ&A

QUESTION-01

私は最近FXを始めたばかりの初心者ですが大丈夫でしょうか?

ご回答

1回でもFXトレードの経験があれば問題なく理解できると思います。

どちらかというと、あなたの経験よりも「本気度」の方が重要です。

それさえあれば、たとえFX初心者の方でも結果が出せるはずです。

なお、FXトレードを1回もやったことがないという人は、

SDSに参加される前に、まずはデモトレードなどを体験してみることをお勧めします。

SDS(Super Dealing School)のQ&A

QUESTION-02

SDSでは、どんなトレードノウハウが学べるのでしょうか?

ご回答

色々ありますが、基本的なもので言えば、通貨ペア別のトレード対策、トレンド相場やレンジ相場の攻略法、経済指標発表時のトレード法などがあります。

また、私のオリジナル売買戦略「ストップエントリー方法」も公開しています。

いずれにしても、ファンダメンタルズ分析をメインにして、テクニカル分析で裏付けるという本物のトレードスタイルは、一般ではなかなか公開されていないのではないでしょうか?

本気でトレードを学びたい方には喜んでいただける内容だと自負しています。

SDS(Super Dealing School)のQ&A

QUESTION-03

専業トレーダーを目指すことはできますか?

ご回答

もちろんです。

SDSは、FXで本気で稼ぎたい人のために開発したトレーダー育成プログラムです。

もし、あなたが「専業」あるいは「プロ」を目指すのであれば、このスクールは近道になるのではないかと思います。

SDS(Super Dealing School)のQ&A

QUESTION-04

仕事が忙しくて、ゆっくりトレードすることができません。そんな私でも大丈夫ですか?

ご回答

SDSは1日15分程度の学習でも十分についてこれますのでご安心ください。

また、トレードの時間がなかなか割けないとのことですが、その場合は短期トレードをメインに取り組めば良いと思います。

もし、受講中に不都合なことや困ったことがありましたら、お気軽にサポートセンターまでご相談ください。

SDS(Super Dealing School)のQ&A

QUESTION-05

運用資金はどのくらい必要ですか?

ご回答

あなたがどのくらいの利益を狙うかによって異なります。

SDSでは、基本的に月間20~30%の利益を狙っていきますので、

たとえば、運用資金100万円なら月間20~30万円の利益が目標です。

なお、ノウハウを学び、その効果を実感することが目的ならば、

運用資金は5万円程度でも大丈夫です。

また、デモトレードで練習する方法もありますので、自分に適した方法でスタートしていただければと思います。

SDS(Super Dealing School)のQ&A

QUESTION-06

わからないことがあった場合、サポートしていただけますか?

ご回答

はい、もちろんです。

受講期間中(3ヶ月間)は回数無制限でご利用いただけますので、お気軽にサポートサービスをご利用下さい。

なお、原則、土日祝日を除く24時間以内の対応を心がけていますが、問い合わせが混雑している場合は、ご返信まで最大5日程度かかることもございますので、予めご了承下さい。

SDS(Super Dealing School)のQ&A

QUESTION-07

参加費以外に、月会費など追加の費用は発生しますか?

ご回答

SDSの参加につきまして、追加費用は一切不要です。

サポートやメール講座、WEBセミナー動画などもすべて参加費に含まれておりますのでご安心ください。

SDS(Super Dealing School)のQ&A

QUESTION-08

今まで色々とFXについて勉強してきましたが、なかなか勝てるようになりません・・・

ご回答

なかなか結果が出ないとのことですが、今までどのような勉強をされてきましたでしょうか?

たとえば、テクニカル分析、いわゆるチャートリーディングのみの勉強だとしたら、

それだけで勝ち続けるのは少し難しいかもしれません。

相場は投資家の意思によって動いています。

従って、その意思を正確に読み解くためのファンダメンタルズ分析がかなり重要になってきます。

SDSでは、そのへんについても詳しくお教えしますので、今までとは少し違った効果が見込めるのではないかと思います。

 

この度は、最後まで当サイトにお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

 

当サイトで何度もお伝えしてきましたが、

もし、あなたが現状のトレード結果に満足していないとすれば、何かを変えなければなりません。

 

また、今までどれだけ勉強しても結果が伴わなかったとすれば、

それは「まったく意味のない勉強をしている」ということです。

 

FXトレードについては色々な考え方があるでしょうが、

私は「勝てなければ意味がない」と思っています。

 

もちろん、「トレードが楽しい」という人や「スリルを味わいたい」という人もいるでしょう。

それはそれで結構なことだと思います。

 

ですが、そのような方は少数派で、

私と同じように「勝てなければ意味がない」と思っている方が大多数ではないかと思います。

 

それでも多くの人が意味のない勉強をしてしまうのは、

そもそも何を勉強すれば良いのかさえ分からないからではないでしょうか。

 

もし可能であれば、大手証券会社のディーリングルームに飛び込んでいただきたいです。

プロのディーラーの中で揉まれれば、否応無しで正解にたどり着けるはずですから・・・

 

とはいえ、これを実行できる人は少ないでしょう。

 

だからこそ、私はディーリングルームで経験できることの要点だけをまとめたプログラムを開発しました。

それが当サイトでご紹介したSDS(Super Dealing School)です。

 

バーチャルではありますが、プロの世界でおこなわれていることを少しでも体験していただくことで、

「自分のやるべきこと」「目指すべきこと」が明確に見えてくると思います。

 

あとは、そこに向かって突き進むのみです。

もう、暗闇の中を手探りで歩く必要はありません。

 

「先の見えない努力」は必要なくなるのです。

 

もし、あなたがFXを1年以上やっていて、現時点で勝てていないとしたら、

あなたは確実に遠回りをしてしまっています。

 

本当にもったいないです。

 

その努力と根気を正しい方向に向ければ、きちんと結果がついてくるはずなのです。

 

ご興味がありましたら、是非この機会にSDSに参加してみてください。

きっとあなたの期待以上の結果が得られると思います。

 

この度は、私の話に最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

あなたがFXトレードで成功することを心から祈り、これを最後の言葉に代えさせていただきます。

 

 

 

 

 

SDSのお申し込みはこちら!